電話占いを利用するときの心構えとは?

さて、今回は占いに対する心構えをお伝えしたいと思います。 心構えと言ってしまうと、何やら偉そうな感じになってしまいますが、老婆心ながら記事に残しておこうと思いたったのです。

もしよろしければ、一読して頂き、頭の片隅にでも入れていて貰えると幸いです。

■占いは捉え方1つで全く異なる

占いをしてもらえば、必ず結果が出ます。 時として、この結果は自分自身にとって本当に辛いものになることもあります。

反面、本当に嬉しいものになることも。 これが占いであり、それ以上でもそれ以下でもないということです。

しかし、最悪の結果が出てしまった方の「それから」を見てみると、意外と占いの結果とは全く逆の人生を歩んでいる方は非常に多いです。 これは、結局のところ、捉え方で「悪いことが起きないよに努力をしている」から、全く逆の人生になったというわけです。

カッコいい言い方をすれば「運命にを自ら切り開いた」というわけです。

対して、良い結果がでた方の「それから」を見ると、成功が約束されたと思い怠けてしまい、結果、悪い結果になってしまったという事例はいくつもあります。

と、このように占いの結果というものは、あくまで結果であり、その後の人生は結局のところ自分自身が握っているということですね。 電話占いも「占い」なので、ここでお話したことは起こり得るといえるでしょう。

したがって、伝えたいことは、とにかく占いとはあくまでキッカケに過ぎないという心構えで望んで欲しいということです。