何度も同じ占いを行ってもよいのか?そのときの占い師はどうしたらよいのか?

電話占いを含め、占いというものは、必ずしも「納得のいく答えがでる」というわけではありません。

あくまで、占いの結果を伝えアドバイスを贈るという形が基本のため、ときとして「悪いこと」もあることでしょう。 これも占いの一部と言えるので、致し方がないところです。 しかし、中には納得ができず、今一度、占いをしてみたいと考える方もいらっしゃるかと思います。

事実、占って欲しいことに対して、角度を代えて占ってもらうという方法を取る方が多く見えます。

さて、電話占いではどうなのか? 今回は、何度も占う場合について説明をしていきたいと思います。

■同じ占い師に何度も依頼してもよいのか?

まずは、同じ占い師に同じ内容(少し質問内容を変える)をしてみてもよいのか?という疑問。 端的に言えば、何ら問題ありません。 占い師の中には「臨むところ」「ぜひ占いをさせて!」という場合も。

要は、少し視点を換えれば、全く異なる結果が出ることも、決して珍しくはないわけです。

したがって、特に何度も占いをしても問題ないということですね。

■逆に違う占い師に依頼をしてもよいのか?

対して、違う占い師に対して、同じ内容の占いを依頼してもよいのか?という疑問。

こちらも、依頼しても何ら問題はありません。 当然ですが、占いを行う方法が異なることで、違う結果が得られることは、よくある話。

むしろ「全く同じ結果になる」ということの方が少ないくらいでしょう。 中には180度異なる結果になることも珍しくないため「自分がピンとくる結果が得られるまで行うのも占い」というわけですね。